医療事務福祉学科 2年課程

医療現場に不可欠な医師のサポートの専門家を育成

病院で医師の行った診療に基づき、医療保険の支払機関に提出するリセプト(診療報酬明細書)作成、会計などの事務処理をはじめ、患者と医師、看護師と臨床検査技師など、多くの医療関連職の人との橋渡しをします。医師のサポートを行う、秘書業務を行うこともあります。
最近では、「メディカルクラーク」と呼ばれることもあります。

医療機関が求める実務能力を学び、即戦力として活躍できる医療事務・秘書を養成します。診療報酬請求事務(レセプト事務)の基本や多彩な資格取得のための専門的な知識だけでなく、病院実習で社会人としてのマナーや患者様と接するときの対応など、接遇の知識と相手への思いやり、応対力を身につけます。効率的で質の高い医療の提供が求められる医療界では、最新かつより高度な医事業務能力を身につけた人材は欠かせない存在となっています。
本学科では、医療機関の実習を含め、医事業務の即戦力としてのプロフェッショナルを養成します。

医療関係は特に日進月歩で、仕事は変化します。
一生涯使えるとして、役立つ人気の資格。

目標資格

  • (財)日本医療教育財団主催[ 県唯一団体受験校 ]
    ・医療事務技能震災試験(メディカルクラーク2級) / ・医療秘書技能検定試験
  • (財)日本医療保険事務協会主催
    ・診療報酬請求事務能力認定試験
  • (財)実務技能検定協会主催
    ・秘書検定 /・ビジネス文書検定 / ・ビジネス実務マナー検定
  • PCR抗体管理士®

卒業と同時に取得できる資格

  1. 教育・社会福祉専門士
  2. レクリエーション・インストラクター

主な活躍フィールド

  • 病院・医院
  • 調剤薬局
  • 医療機器メーカー
  • 訪問看護ステーション
  • リハビリテーションセンター など
この学校を選んだ理由
学校生活
あなたの学ぶ意欲!あなたをサポートする奨学金制度があります。 奨学金制度
PAGE TOP ー